むくみを解消する方法

むくみの解消には原因を知ることが大切

足のむくみをマッサージで解消

 

むくみには自分で解消できるものと、病院で治療を受けるべきものの両方があります。

 

ですから、むくみの解消法を考えるにあたっては、むくみの原因を正しく把握することがとても大切です。

 

病気が原因で生じているむくみなら、自己判断でいろいろとやることでかえって症状を悪化させてしまうことさえあります。

 

以下の生理的な原因が思い当たらない時やいつまでもむくみが解消しない場合、ほかの症状が伴うような場合には念のために病院で診てもらうほうがよいでしょう。

 

生理的なむくみを解消する方法

むくみの多くは病気には関係なく生活習慣や生理的な要因で生じます。そのようなむくみについては、生活改善や少しの工夫で解消できるものです。

 

例えば、生理的なむくみの原因としては以下のようなことが挙げられます。

  • 長時間のデスクワークや立ち仕事
  • 塩分の過剰摂取
  • アルコールの過剰摂取
  • 月経前や妊娠中のむくみ

 

このような原因で足や顔がむくむことが多いなら、解消のカギとなるのはめぐりを良くするということです。

 

むくみは体内の水分がきちんと循環せずに、細胞と細胞の間にたまってしまうことで生じます。

 

デスクワークや立ち仕事など同じ仕事をしていても、むくみやすい人とむくみにくい人がいるのは、この水分、そして血液やリンパの循環の良し悪しと関係していると言えるでしょう。

 

ですから、むくみやすい体質の人でも、体のめぐりを良くするような生活習慣や食事を続けるなら、むくみにくい体質へと変わることが可能です。

 

めぐりを良くし、むくみを解消する方法や習慣については、このサイト内で幾つも取り上げていますが、主なポイントを3つあげると以下のようになります。

 

塩分控えめでバランスのとれた食生活

塩分摂取が多いと、体内のナトリウムイオンが増え、その濃度を保つために余分な水分をためこもうとする作用が働きます。その結果、水分の循環がうまくいかなくなり、むくみの原因となります。塩分を控えめにするとともに、ナトリウムを排出する働きのあるカリウムを多く含む食べ物を意識して摂ると良いでしょう。

 

めぐりを良くするサプリメントも上手に活用していきましょう。
↓ ↓ ↓
人気のむくみサプリメント

 

定期的な運動やマッサージ

血液やリンパの流れがスムーズでないと、水分のめぐりにも影響し、むくみが生じやすくなります。定期的な運動やマッサージ、またツボ刺激は血行を良くして、めぐりを改善してくれます。

 

体を温めること

冷え症の人はむくみも生じやすくなります。これは冷えによって血液循環が悪くなり、新陳代謝が落ちることと関係しています。またむくみがさらなる体の冷えを招きますから、悪循環になってしまいます。日ごろから体を温めることを意識するなら、血行も良くなりますし、汗をかくので水分代謝も良くなります。

 

病気が原因のむくみの特徴

生理的な原因が思い当たらないむくみの場合は、長く続くのであれば病気の可能性もあります。

 

むくみは腎臓・肝臓・心臓が病気で弱っている場合に、初期症状として現れることがあります。また甲状腺機能低下症など内分泌疾患の可能性も考えられます。

 

心臓の心不全が原因のむくみは、ほとんどの場合はまず足に出ます。また息切れや呼吸困難が伴うことがあります。夕方から夜間に強く症状が現れることが多いようです。

 

腎臓の疾患によるむくみは目のくぼみの周囲など顔面にむくみが生じることが多いようです。

 

肝臓の疾患によるむくみは腹水を伴うことが多く、むくみの他にも多くの重篤な症状が現れます。

 

甲状腺機能低下症では、むくみの場所を押しても痕が残らずすぐに戻るところが特徴で、冷えや皮膚の乾燥、倦怠感、便秘などの症状がみられます。

 

その他、栄養障害によるむくみや静脈性浮腫、リンパ性浮腫、妊娠中毒症によるむくみなどがあります。

 

気になるときは早めに受診しましょう。