汗をたくさんかいてむくみを解消

汗をかくとめぐりが良くなる

半身浴でむくみをとる

 

汗をたくさんかくようにすることは、むくみの解消に効果があります。

 

むくみは体内の水分がきちんと循環せずに、細胞と細胞の間にたまっていくことから起こります。

 

汗をたっぷりかいて体内から余分の水分を排出すると、水分のめぐりも良くなってむくみが改善されるというわけです。

 

また運動や入浴によって汗をかいている時は、体温も上昇して血行が良くなっていますから、血液やリンパのめぐりも改善され、それもむくみを解消するのに役立ちます。

 

サウナで汗をかくのもよいですが、ここでは自宅で行える方法として、足湯と半身浴を取り上げてみたいと思います。

 

足湯

足湯は服を着たままできるので手軽で続けやすいというメリットがあります。深めの洗面器やバケツに40〜42度くらいの温度のお湯を入れ、くるぶしが隠れるくらいまでを温めます。もちろんもっと深くひざ下までを温めてもOKです。ポットなどを横においておき、お湯が冷めてきたら、足し湯をしましょう。テレビを視たりしながら、30分くらいじんわりと汗をかく程度温めましょう。

 

半身浴

胸まで長時間お湯につかると心臓に負担がかかりますが、半身浴なら体への負担が少なく、効果的に汗をかけます。入浴前にコップ1杯の水を飲んでおくと、汗が出やすくなります。

 

浴槽にぬるめのお湯を張って行ないます。熱すぎるお湯だと体の表面だけ温まってのぼせやすくなります。深さはみぞおちが浸かるくらいにします。

 

上半身が冷えないように、肩からタオルをかけて行います。時間は20〜30分で、じんわりと汗をかく程度の長さで行いましょう。